南瞑

アクセスカウンタ

zoom RSS 某床屋での話

<<   作成日時 : 2007/11/17 05:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

車が壊れまいた。穴だらけの道をぶっ飛ばすから仕方がないんだけどね。フロントのサスが全滅。ロワーAアームが生きてただけ良しとしよう。しかし、ショックが抜けたのはショックだった。(飯研行きは拒否!)
っつーわけで、ヒマが無いんで、こっちに書いておきまする。床屋さんに書くには結構手間がかかるんで・・・・

某床屋でのこんなコピペ:
☆テロ特賛成・反対がどうかというより、
自分の立場や思想信条を前提にして、
それに現実の解釈を無理やりにでも合わせていくやり方というのは、
僕は徹底排除しています。
絶対に物事が正確に見れないからです。

例えば「A氏はテロ特に賛成だからすごい策士だけど、
B氏はテロ特に反対だからアホだと」こういう評価をする人がいたら、
それはその人こそ救いようのないアホだということです。(苦笑)

これ書いた香具師、自分が思想信条に染まってるからって、他人もそうだと思わん方が良い。
現実の理解もクソも、すでに日本がインド洋での給油活動を止める事に対して、複数の参加国から、継続要請が来てるって現実は無視ですかい?何を勘違いしてるのか知らんが、日本って国は、核攻撃では滅びなくても、輸入が途絶えれば滅びる国ってのが判ってるんだろうか?

現実の日本の置かれた状況を無視して、思想信条だけで話を進めてるのが、似非左翼のご一党さんじゃないのかえ?海上輸送ってのが、どれだけ脆弱な安全保障基盤の上に成り立っているかすら知ろうともせずに、何が物事が正確に見られるだ。ちゃんちゃらおかしいわな。

海上輸送における安全保障ってのは、ひとえに、「海は広い」って事に依存してる。海賊やテロを計画しても、目的の船に海上で遭遇するのは簡単じゃ無い。地球は丸いんですよ。
だから、海上でテロ活動するのは難しいけれど、逆にやられた場合、上記が逆に作用して、海賊船の発見も簡単じゃ無い。ましてや、海賊のように、金銭的利益を目的としたものならば、その線から襲撃場所や方法が想定可能だが、無差別海上テロの場合、どこでいつ発生するのか、想像すら難しいのが現実だ。これまで発生したのが小舟による、沿岸域での事例だからって、沖合でそれが発生しない根拠にはならない。まぁ、このブログの以前のエントリーでも読んでくれたまい。小説もどきが書いてある。

こういうものに、対処してるのが、インド洋での対テロ活動なわけだ。ここで、テロ活動が成功した場合、それがインド洋のみならず、大西洋、太平洋に拡散しない保証は無い。例えば、大西洋ならば、北、西アフリカ諸国はイスラムの勢力が強く、教育の不備と相まって、原理主義の拡散には非常に都合が良い環境だ。なおかつ、西アフリカ中央部の、ベニン湾は現時点で、世界一位の海賊発生地域でもある。太平洋は、最大のチョークポイントであるマラッカ海峡南西岸はイスラム国家で、過激派が現実に存在し、自爆テロや爆弾テロが発生している。また日本の最重要通商路である南西航路はフィリピン最大のイスラム過激組織である、アブ・ニダルの本拠地、パラワン島やイロイロ島付近を通過する。

こういう「現実」を知ろうともせずに、「インド洋での活動に具体的な国益となる証拠」なんて事をのたまうのは、自分の無知ををさらけだしてる、ってだけに過ぎないのだよ。

さてと、自衛隊のインド洋での活動に、懐疑、反対を叫ぶ連中に言っておこう。
日本はこれまで、その生存に必要な対価を正当に支払って来なかった。戦後の荒廃から40年足らずで日本が復興出来た大きな要因であろう。特に、経済的復興と躍進の原動力となった海運物流に対して、安全な通商路の提供という、生命線ともいえる事柄を他国の力に依存して発展して来た。上記の連中は今後もそうするつもりなのか?経済的には十分な支払い能力があるにも関わらず、「私の思想信条が許しませんから」で、支払いを免れる事が出来ると考えているのだろうか?

小沢の提案?なにそれ?関係ないね。アフガンでテロが起ころうと、治安が悪化しようと関係ない。大事なのは「自国の生存に関わる通商路の安全保障」に対して、その重要さに見合うだけの負担をしたのかどうか、だけだ。

いぁ、別に抜けても良いんだよ。君たちの好きにしなよ。何なら、インド洋での対テロ活動そのものに反対しても良いし、アメさん批判しても構わないよ。ただし、「今まで通り」の生活が出来ると思わない事だ。おいらは、今の似非左翼の主張が実現したら、即座に居住国の海運関係には囁くね。「日本はこの国の旗を揚げた船の安全を保証するつもりはありません。だから、日本向け輸出は価格を高くして、その対策をしなさい。」ってね。日本に入って来る物資の価格交渉は誰がやってるか、知ってるのかな?え、買い手が無ければ困るだろう?はいはい。心配しなくても大丈夫。それこそ「日本だけが買い手じゃない」からね。日本は良いお客ではあるけれど、別にロシアにも中国にも売れるから。

っつーかさ、思想信条関係無しで、テロ特反対って言ってるのは、アホでしか無いんだよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
素人ライブチャット
カリビアンのバグをついた裏技教えます。○○○○をすると無料ポイントで遠隔操作も思いのまま。そのうち修正されちゃうと思うので、今のうちに行った方がいいですよ。 ...続きを見る
芹沢秋人
2007/11/17 05:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大変勉強になりました。
>経済的には十分な支払い能力があるにも関わらず、「私の思想信条が許しませんから」で、支払いを免れる事が出来ると考えているのだろうか?
を読んで、給食費を払わない親たちを連想しました。
なお
2007/11/18 13:08
床屋さんではいつも色々参考になるお話しありがとうございます。

>日本はこれまで、その生存に必要な対価を正当に支払って来なかった。戦後の荒廃から40年足らずで日本が復興出来た大きな要因であろう。
(中略)
経済的には十分な支払い能力があるにも関わらず、私の思想信条が許しませんから」で、支払いを免れる事が出来ると考えているのだろうか?

この手の話を見かけるたびに「戦後レジームからの脱却」をさせるべきだったと思います。(もちろん主語は「安倍前首相」ではなく「私たち日本国民は」ですが)

戦略はよかったんだけど、戦術がまずかったのかなあ。
のた
2007/11/18 22:11
なお様
いらっしゃいませ。

まぁ、給食費とじゃスケールが違い過ぎるけれど、「責任を果たさない」って意味じゃ同じですね。日本が今世界から求められているのは、愚にもつかない平和主義じゃなくて、実質的な貢献なんですよ、世界の平和に対するね。
ま、判ってる人に言う言葉じゃないですけれど、実際に困る事が起きてから、ばたばたして下さい。世界の海運ってのは甘く無いですよ。すでに、あたしの国では、東アジア向けコンテナの料金が昨年と比べて$500アップしてます。また、中東から欧州、あるいはその逆、つまりスエズ経由の船を減らすように荷の仕分けをしてます。料金はまだ変わってませんが、原油価格の動向次第では判りません。

一度、日本人は、それこそ「お灸を据えられる」べきかもね・・・・・
南瞑
2007/11/19 10:35
のた様
いらっしゃいませ。

「戦後レジーム」ってのが、あたしには正確に判りません。すでにそんなもん、脱却してるんじゃないんですかね?日本人がそう思ってないだけで。あるいは日本の中にそう思われちゃ困る人たちがいるとかね。

戦略/戦術ですか?何も無かったんじゃないですかね?でなけりゃ、今更こんなていたらくになってないだろうし。
平和に慣れて、平和を忘れる典型なんじゃないかな、今の日本ってのは。
南瞑
2007/11/19 11:13
ども、英エコノミストで自由のコストだったか平和のコストという
記事がありましたな。平和や自由が当たり前になって維持しているという
感覚を持ってないのは非常に問題ですよね。公民の授業で教えるべきなのに
サヨ思想的にも自由はコスト払って獲得したものなのに、日本のサヨは
サヨクの衣をかぶった何か別のものですかね。
いつも
2007/11/19 17:20
いつも様

平和へのコストは世界みんなが支払っているものです。時には自分の命でね。日本人にはその現実感覚が欠如してるんです。

ところで、サヨですが、ここで何度も書いていますが、今のサヨと呼ばれるものは、ほぼ似非左翼ですね。あたしは何を隠そう「共産主義」者なんですよ。その立場から言えば、旧ソ連も中共も北朝鮮も、全て共産主義じゃ無い。ノーメンクラツーラ(北朝鮮なら出身成分かな?)の存在を許さないから「共産」なんでね。
残念ですが今の日本には、本当の意味でのサヨは存在しないんじゃないですかね?
南瞑
2007/11/19 22:42
論旨はおおむね分かるのですが、ちょっとだけ。

「支払能力がある」ことと「払う義務がある」ことはイコールではありません。

要請があるから出す。 → 謝罪するニダ賠償するニダ
要請があるから●●をする。 → 湾岸戦争の130億ドル
要請があるから●●をやめる。→ 調査捕鯨やめるニダ

また要請があるから出す、だけでは多分「支払能力」を維持できません。
金持ちはケチだから金持ちなんです。
収入があるからとバンバン使うのは成金なんです。

賛否を考えなくてはいけないのは当たり前。
で、テロ特を「可」とした場合に、なるべくローコストで抑える工夫をするのは当たり前。

だって高コストだからスエズ避けるんでしょ?
四国みかん王国から
2007/11/21 09:56
四国みかん王国から様
いらっしゃいませ。

海上通商路を利用する国は、あまねく支払い義務がありますよ。海上通商路の安全確保に対しては。日本だけが例外じゃいられません、と言っているのですが。それには、要請に答えるなどという要素は微塵もありません。本来なら、日本が為すべき事を他国が肩代わりしている「事実」があるだけです。日本国民全てがインド洋派遣に反対だろうが、この事実は変わりません。つまり、日本の意思など微塵も斟酌などされない、厳しい現実に直面しなさいと言っているのです。

ここは500字までの制限がありますから、もう少し詳しく、次のエントリーに上げておきます。
南瞑
2007/11/23 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
某床屋での話 南瞑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる